横浜中華街 鵬天閣の焼き小龍包
横浜行ったらやっぱり中華街ははずせませんよね~。
鵬天閣の焼き小龍包。ガイドブックやテレビでお馴染みの、今いちばんキテる(?)ヤツです。
“ヤケドするゼ”ってぐらいアツアツかと思いきや、それほどでもなく落ち着いて食べられました。
緑の方が魚介のうまみも感じられて美味しかったかな。
気を付けないと、汁めっちゃ飛びます。(笑)
横浜中華街 一楽の炭火焼チャーシュー
そして一楽の炭火焼きチャーシュー。これがまぁ美味しいのなんのって!
ふわふわしっとり柔らか食感のほんのり温かいチャーシューを頬張ると、炭火焼きのいい香りがお口に広がります。
そして独特の甘い味。コレがたまらん!ビールに合う!!
普段食べてる日本のチャーシューとは全く別の食べ物ですね。特別感。
横浜中華街 一楽の四川風麻婆豆腐
そしてランチの四川風麻婆豆腐。
辛いのだけど、花椒の香りが“もう一口、もう一口”と誘うんです。
スープとご飯とデザートが付いて750円。ハイクオリティ、ロープライス。スゴ過ぎ。
横浜中華街 一楽
ガイドブックやネットで鬼のように探した結果、大当たりでした。

それにしても横浜中華街は、“混沌”と表現するのが一番しっくり来ますでしょうか。
非日常な感じをバッチリ味わえる街ですね。