『罪と罰』を読まない
この本、めっちゃ面白いですよー!

ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことのない4人の作家や翻訳家が、ぼんやりとした予備知識と限られた箇所の短い朗読から「あーだこーだ」と物語を推測するという、ちょっと変わった座談会のエッセイ?書評??

翻訳家の岸本佐知子さんは存じ上げませんでしたが、私の好きな吉田篤弘さんと吉田浩美さん(クラフト・エヴィング商會)と、最近著書を読んだばかりの三浦しをんさんの参加者各々のキャラというか個性も発揮されていました。
登場人物にあだ名つけたりして(笑)

みなさん文章に携わるお仕事されている方なのに、小難しいこと言ったりしてなくて至ってフツーでユルいところが親近感湧きますね。
自分もその座談会に参加しているような気分になれてすごく楽しかったです!

…そういう私も『罪と罰』読んだことないんですー。
でも読みたくなりました、いや絶対読もう!!