面白いですねー、原田マハさんの小説。